診察の流れ Flow

体験モデル:プラークマくん

診療申込書イメージ
診療申込書
受付で『診療申込書』に御記入いただきます。
気になる症状や治療に対してのご希望などをお知らせください。
ご記入に際して、よく分からないことなどはお気軽にスタッフにお尋ねください。
下
待合室でお待ちくださいイメージ
待合室でお待ちください
ご記入いただいた診療申込用紙をもとに患者様のカルテを作成いたします。
今しばらく待合室でお待ちください。
待合室では液晶プロジェクターにより様々な映像や情報を流しています。
リラックスしてお楽しみ下さい。
下
①お口の写真撮影イメージ
①お口の写真撮影
まず治療前のお口のお写真を撮らせていただきます。
特別な料金がかかる事はありません。
治療前のお口の状態を記録する事は自分の診療に対して責任を持つために最低限必要な事であると考えています。
下
②レントゲンイメージ
②レントゲン
お口全体のレントゲンを撮ります。
いさつ歯科医院は長野県で初のデジタルレントゲンを導入しました。
従来のレントゲンに比べて約10 分の1 の被ばく線量で撮影できます。
治療前のお口の写真とレントゲンの資料はすべてプリントアウトして患者様にお渡ししております。
下
③虫歯検査イメージ
③虫歯検査
これは『Kavo DIAGNOdent 虫歯診断装置』という機械で、虫歯の進行具合を数値化することができます。
単なる着色なのか、まだ削るべきではない初期の虫歯なのか、虫歯の状態を数字に置き換え
ていくことによって、より正確に診断することができます。
下
④歯肉検査イメージ
④歯肉検査イメージ
ブローブという審査用具を用いて歯科衛生士が歯肉の状態を調べます。
歯肉の状態を調べるのに不可欠な検査で一本の歯に対して6か所計測していきます。
下
⑤ポケット測定イメージ
⑤ポケット測定
この検査を歯周ポケット測定検査といいます。
歯を支えている骨がどの程度ダメージを受けているか等を正確に調べるための検査です。
下
⑥診療申込書イメージ
⑥診療申込書
『やっている』と『できている』は必ずしも一致しないようです。
ブラッシングの状態をしっかり確認することは最も大切なことではないでしょうか?
虫歯や歯周病は事故や怪我とは異なり、その原因が毎日の生活習慣にあるのではないので
しょうか?
下
ご説明イメージ
ご説明
①~⑥の資料をもとに現在のお口の状態を正確にご理解いただき、治療計画についてご相談
させていただきます。